Build A Bear Workshop(ビルド・ア・ベア ワークショップ)良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ
  • ぬいぐるみは中身の入ってない状態なので在庫管理や輸送のコストをかなり削減できる
  • 季節や地域の特徴を生かしたぬいぐるみがあるので遠方からの集客も狙える
  • 2015年に発売したポケモン・シリーズ誕生20周年記念の「ピカチュウ」のぬいぐるみの予約が殺到している
  • デザインを顧客に任せることにより返品やクレームののリスクが少なくリピートが多い
  • 2015年の春に日本での営業は中止していて再開を望む声が多い

 

悪い口コミ
  • 本部とは英語でのコミュニケーションなので日本ならではのニュアンスが伝わらないことがある
  • 少子化でぬいぐるみの需要があまりない
  • わざわざ綿を詰めるのが面倒だしamazonや楽天などの通販でも簡単に買える
  • 日本では一部のファンにしか受け入れられなかった過去がある
  • ぬいぐるみの生産は中国で、目が取れて子供が飲み込むなどのリコールが何度もある

Build A Bear Workshopの会社概要

Build A Bear Workshop
1954 InnerbeltBusiness Center DriveSt. Louis, MO 63114United States

 

代理店募集の内容

ビルド・ア・ベア ワークショップ
マスターフランチャイジーを大募集

 

必要な資金

-

 

フランチャイズ数

全米に約230店舗+世界14カ国で約180店舗

 

運営実績

1997年の創立以来、7,500万個以上のぬいぐるみを販売し累計売上額は30億ドル

 

有利な人(おすすめ出来る人、経歴)

ぬいぐるみや手芸が好きな人におすすめ

 

開業できるための資格

US$10,000,000の投資枠が必要

 

本部の資本金

169千USD

 

売上例

店舗面積300 平方メートルで年間平均売上額はUS$1,800,000

 

芸能人・CM・知名度

「2009フォーチュン 100 Best Company To Work For」に選出される コマーシャル

 

説明会やアフターケアやフォロー

説明会の詳細は資料を取り寄せて確認

 

倒産のリスク

契約期間や、やめる時の違約金などのリスクについては説明会にて。

さくっとわかるメリット・デメリット

メリット
  • お客様自身が自分でカスタマイズできるので納得して買ってもらえる
  • 子供だけでなく大人のファンも多いブランド

 

 

デメリット
  • 目が取れやすいなど、雑な作りで日本の玩具の基準をクリアしていない
  • 日本語やルールが通用する本部ではない

開業・起業資金の融資サポート【アスリッチ】

ビルド・ア・ベア ワークショップ(Build A Bear Workshop)の口コミ・開業・フランチャイズ情報まとめ

融資サポート相談フォーム

無料相談や融資サポート希望の場合は必ずこちらのフォームから事前登録お願いします。※当サイト限定のサービスになります。 こちらの融資サポーは認定支援機関による成果報酬型サービスです。初期費用0円・無担保・無保証人で可能ですので、お気軽にご相談ください。