株式会社CCR(中国輸入在庫なしネットショップ出店)良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ
  • 在庫を持つリスクが無い
  • アリババやタオバオなどの中国サイトの商品も直接仕入れができる
  • 本部は代理店専用仕入サイトも運営しているので安定している
  • 輸入を本部が行ってくれることによって海外送金や輸入できるかなどの様々な輸入トラブルを回避できる
  • 人気のパワーストーンの他にも服・アクセサリー・バッグ・スマホ関連など様々な商品がある

 

悪い口コミ
  • 売れてからの仕入なので発送に時間が掛かったり、在庫切れの可能性もある
  • 楽天市場などで販売すると手数料がものすごく掛かる
  • 商品の品質が日本の基準に合ってないものがあるのでクレームや返品が多い
  • 研修1人あたり6000円(税別)で、基本は動画での研修だけ
  • 68店舗中9割が副業のオーナーなので本業でできるものじゃない気がする

株式会社CCRの会社概要

株式会社CCR
大阪府堺市東区日置荘西町4-36-11

 

代理店募集の内容

インターネット販売代理店オーナー募集
中国輸入在庫なしネットショップ出店

 

必要な開業資金

加盟金17万5000円(税抜)+月会費1万円(税抜)

 

フランチャイズ数

68店舗

 

運営実績

売上高2億5000万円(2015年10月期)

 

有利な人(おすすめ出来る人、経歴)

ネットショップ運営者や通販事業に携わっている人または興味のある人

 

開業できるための資格

-

 

本部の資本金

1000万円

 

売上例

"副業:週2日、1日15件販売、平均単価1000円、月売上45万円、利益率約50%、粗利益22万円
本業:1日25件販売、平均単価2200円、月売上165万円、利益率約50%、粗利益70万9500円"

 

芸能人・CM・知名度

-

 

説明会やアフターケアやフォロー

中国事務所・中国スタッフがいます。オプション5万円(税抜)のパソコン教室もあります。

 

倒産のリスク

契約期間は1年ことの自動更新で、万が一フランチャイジーが倒産して途中解約になった場合は月会費1万円(税抜)が更新月まで掛かります

さくっとわかるメリット・デメリット

メリット
  • ネット販売だけでなく卸売もできる
  • 自宅で一人でも開業できる

 

 

デメリット
  • 送料などの仕入手数料として仕入代金の1割がかかる
  • 海外の商品なので返品や交換の対応が難しい