株式会社ワークマン(固定報酬ベースの業務委託契約)良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ
  • ただの小売店ではなく製造小売業(SPA)としての独自の製品がある
  • 自社開発製品はメーカー商品よりも品質が高く、お客様からのクレームも少ない
  • 全店同じ品揃えなので通りがかった顧客に利用してもらえる
  • 仕事着としてだけでなく、アウトドアやスポーツでも着られる商品なので一般客も多い
  • 値引きをあまりしないので値崩れがなく利幅が高い

 

悪い口コミ
  • 月間売上350万円までは月50万円の固定報酬で加盟店負担経費総額12万円、在庫負担費1万円、商品の品減り預託金1万円が引かれて支給される
  • 加盟店は募集店舗の中から選ぶので希望の場所とは限らない
  • 営業時間が7:00〜20:00と朝早くて長いので人件費や光熱費などの経費が多く掛かる
  • 欠品やミスによって顧客自身の仕事に影響が出てしまう
  • 仕事上泥だらけのお客様も多いので店内が汚れる

株式会社ワークマンの会社概要

株式会社ワークマン
東京都台東区上野7-8-20

 

代理店募集の内容

ワークウェア・ユニフォーム・作業関連用品の専門店『ワークマン』
固定報酬ベースの業務委託契約

 

必要な開業資金

200万円(税抜)内訳:保証金150万円(契約満了解約時に返金)開店手数料25万円(税抜)研修費25万円(税抜)ミシンレンタル費4000円/月

 

フランチャイズ数

766店舗

 

運営実績

売上高692億円(2015年3月期)

 

有利な人(おすすめ出来る人、経歴)

衣料品店、個人商店に興味のある人におすすめ

 

開業できるための資格

25歳から55歳くらいまでの個人で専任できる人

 

本部の資本金

16億2271万8300円(2015年3月末現在)

 

売上例

固定店舗運営料+歩合+褒賞金:FC店782店舗平均月収86万円(2016年9月実績)

 

芸能人・CM・知名度

WORKMAN

 

説明会やアフターケアやフォロー

店舗の経理会計業務は本部が一括で代行してくれます

 

倒産のリスク

契約期間が1年ごとで再契約料が25万円(税別)掛かります。万が一フランチャイジーが倒産して途中解約になった場合保証金150万円は契約満了解約時に返金されます。

さくっとわかるメリット・デメリット

メリット
  • ワークマンは年商8500億円のベイシアグループ中核企業なので安心感がある
  • 自社開発製品の比率は売上全体の25%を越えているので他社競合が少ない

 

 

デメリット
  • 毎年2回の棚卸しでロスした分はオーナーが負担する
  • 定休日は正月元旦のみ

開業・起業資金の融資サポート【アスリッチ】

ワークウェア・ユニフォーム・作業関連用品の専門店(ワークマン)の口コミ・開業・フランチャイズ情報まとめ

融資サポート相談フォーム

無料相談や融資サポート希望の場合は必ずこちらのフォームから事前登録お願いします。※当サイト限定のサービスになります。 こちらの融資サポーは認定支援機関による成果報酬型サービスです。初期費用0円・無担保・無保証人で可能ですので、お気軽にご相談ください。