ネットショップ経営は儲かる?開業前に知っておきたい開業資金・収入・オーナーの心得

これからインターネットショップを開業しようと思っている人に、ネットショップ業界の原状や将来性などをわかりやすく紹介したいと思います。

 

 

ネットショップ業界の開業にはどのくらいお金がかかるの?

インターネットショップを開業する時に、開業資金を左右する大きな決め手はフランチャイズに加盟するか否かですが、一体どちらが得なのでしょうか。

 

【加盟金】だいたい0円〜100万円

開業資金を抑えたいという人には、0円で加盟できるフランチャイザーもあります。知名度はどうか、その後のロイヤリティは高くないかなど、吟味して納得のいくフランチャイザーを選びましょう。

 

【店舗】家賃が月々0〜20万円程度

ネットショップの場合、基本的に実店舗は不要で、在庫を保管したり梱包する場所があれば自宅でも営業が可能です。在庫が増えてきたら倉庫やレンタルコンテナを借りることもあります。自分で店舗を持っている人の場合は毎年固定資産税が掛かります。

 

【研修費】約0〜10万円程度

業界未経験の人は本部の研修を受けることにより、パソコンの操作方法から運営マニュアルや経営ノウハウを身につけることができます。

 

【広告宣伝費】5万円程度

広告掲載料を本部へ支払うケースと、フランチャイズごとに自ら広告を出すケースがあります。扱う商品によってWEB広告や紙媒体の広告など宣伝方法は様々です。

 

【運営ツール費用】2〜4万円程度

ネットショップはたくさんの品数を販売をするため、在庫管理ソフトなどが必要になる場合があります。複数のショッピングモールを一括で在庫管理することによって作業の効率化が図れます。

 

初めての開業でも大丈夫?リスクを回避するための方法とは

インターネットショップ事業で独立するのが初めてでやっていけるのか不安という人のために、リスクを回避するための安心な仕組みがあります。

 

「仕入は売れてからでもOK」

 

ネットショッピング系フランチャイズのほとんどには、無在庫販売に対応しているので在庫を持つリスクはありません。

 

これは、お客様から注文が入ってから商品を仕入れられる仕組みのことで、在庫を保管しておく場所の節約と、余計な仕入をせずに済む効果があります。

 

「パソコンが苦手でもOK」

 

ネットショップ業は、実店舗が要らないないため、一般的な販売業よりは手軽に開業することができます。フランチャイズに加盟することにより、WEBサイト作りの基礎から学べるので初めて独立する人には有効と言えます。

 

最初は一人で開業し、売上が上がるとともに在庫を増やし、倉庫を広げ、従業員を増やしていくというのが一般的です。1ヶ月の売上が10万、30万、50万、100万と上がってきたら、スタッフを雇い300万、500万、1000万を目指していきます。

 

ネットショップ開業メニューに戻る

ぶっちゃけ儲かるの?ネットショップ業界の収入面について

ネットショップ業界の収入

インターネットショップの1ヶ月の売上は0〜億まで幅が広いと言われています。扱う商品や取引先によっても異なりますが、この中から5〜6割程度が仕入に掛かります。

 

おおまかに、1000万円×12ヶ月=1億2000万円が年間の売上だとすると、仕入金額だけでも年に6000〜7200万円掛かるということです。

 

売上から買取金額を差し引いた金額から、オーナーは以下の必要経費を支払います。

 

年間の固定経費(概算)

 

人件費=288万円
月給8万円×3人=24万円×12ヶ月

 

家賃・水道光熱費=240万円
月20万円×12ヶ月

 

広告宣伝費=60万円
月5万円×12ヶ月

 

ネットショッピングモール維持費
月30万円×12ヶ月=360万円

 

配送料
月500円×2000件=100万円

 

トータルで1048万円/年

 

上記金額は全て概ねの金額で多い場合も少ない場合もあります。

 

その他、売上に対するロイヤリティや梱包資材や店舗で使用する消耗品費や雑費も当然オーナー負担となります。

 

 

ネットショップ系フランチャイズに加盟するメリットとデメリット

インターネットショップのフランチャイズに加盟するメリットは3つです。

メリット
リアルタイムの接客ではないので、自分のペースで作業ができる
商品が売れてから仕入れることもできるので在庫に無駄がない
ネットショップ成功のノウハウを教えてもらえる

 

インターネットショップのフランチャイズに加盟するデメリットは2つです。

デメリット
販売手数料が高い
レビューや口コミなどの書き込みに売上が左右される

 

インターネットショップのフランチャイズに加盟せず独自の屋号で独立した場合は、本部のバックアップは一切ないので仕入から販売だけでなく、宣伝活動や人材育成など全て自分で行わなくてはなりません。フランチャイズに加盟することによって取引先との商談もスムーズに行えることもあるので、加盟金などの開業資金と知名度などのブランド力とのバランスをみて慎重に選定していきましょう。

 

売上(収入)を上げるためのポイントとは

ネットショップ経営による収益を増やすコツは2つあります。

 

できるだけ安く仕入れる

オーナー収入を増やすには、売上を増やして経費を抑えることです。経費の大部分を占めるのが仕入金額なので、いかに取引先から安く買い取り販売するかが重要と言えます。

 

しかし、あまり安く買いたたくと取引先との信頼関係がなくなり、先の仕入に影響するので仕入金額はお互いにWINWIN目指して話し合って決めます。

 

販売手数料を加味した値付け

出店するネットショッピングモールによっては、販売手数料が売上の5〜15%程度掛かります。

 

月商1000万円売れても、販売手数料などの必要経費を支払い実際に手元に残るのは1割くらいの100万円と考えて良いでしょう。

 

ここまで損して販売手数料が高い楽天やamazonに出店するのは、大勢の顧客を獲得するためで、販売手数料の掛からない独自のECサイトへ誘導するという目的もあります。

 

ネットショップ開業メニューに戻る

インターネットショップ経営の大変さについて

ネットショップ業界は大変?

ネットショップ業が他の仕事と比べて大変なところは主に3つあります。

 

とにかく高い販売手数料

閲覧者数の多いネットショッピングモールは、売れますが販売手数料が高く、儲けが出づらいのが現状です。売る物にもよりますが、仕入に6割、人件費などの経費に2割、販売手数料に1割は掛かるので日販10万円でも1万円ほどしか儲かりません。

 

配送業者に支払う送料に関しても、荷物の量が多くなってきたら単価を下げてもらう交渉をしなくてはなりません。梱包資材も販売量が増えると共に結構な量を使います。効率よく梱包できるように工夫も必要です。

 

返品・交換のリスク

お客様の手元に商品が届いた時に、その商品が壊れていたら、当然交換を求められます。
その破損が元からなのか、輸送中のものなのか、輸送後のものかによって、責任の所在が異なります。

 

製造元または卸業者から仕入れてお客様に発送する前にしっかりと検品を行い、輸送中に壊れないように丁寧に梱包して出荷をします。それを怠り壊れているものを販売すると返品や交換のコストをカバーするだけでなく、お店の信用が落ちてしまうので気を付けましょう。

 

商品の確保

自社製品の販売であれば在庫の確保は比較的簡単にできますが、仕入販売となるとそうもいきません。いつでも好きなだけ仕入れることができる定番商品であればいいのですが、そうでない場合は商品を確保しておく必要があります。

 

販売中の商品が欠品もしくは売切れでは、お客様からの信用を失い兼ねません。売場に表示してある商品の在庫情報を正しく把握することは、扱う商品数が増えるほどに難しくなるので工夫が必要です。

 

ネットショップ開業メニューに戻る

ネットショップ業に向いている性格について

インターネットショップのオーナーに向いている性格とは?

 

ネットショップの経営に向く人が苦手なことは5つあります。

 

ありきたりな作業が苦手
ネットショップ経営は毎日いろいろなお客様からの質問メールがきたりするのでありきたりな仕事ではありません。毎日新鮮な感動が味わえるのが面白い商売といえるでしょう。

 

寒いのや暑いのが苦手
ネットショップ業は、どうしてもパソコンで作業する時間が長いので、屋内にいることが多くなります。冬の寒い日も夏の暑い日もエアコンの効いた部屋で仕事ができます。

 

接客が少し苦手
ネットショップの接客は、メールでの応対がほとんどです。相手の顔を見ると緊張してしまってうまく話せないという人でも画面越しであれば上手くいく事があります。

 

外国語が苦手
ネットショップ業は海外の商品を取り寄せたり、海外のお客様からお問い合わせがあることも。そんな時フランチャイズに加盟していると本部に相談ができるので日本語以外は難しいという人でも安心です。

 

早起きや夜更かしが苦手
ネットショップは基本的に24時間営業ですが、作業はその内の好きな時間に行うことができます。お休みも自分の好きな日に設定ができるので時間を有効に使えます。

 

ネットショップの経営に向く人が得意なことは5つあります。

 

間違い探しが得意
掲載されている商品と手元にある商品が同じ物か、細部まで見分ける洞察力が必要です。お客様が注文した物と違う物や不良品を送ってしまわないように注意して発送します。

 

衣替えが得意
ネットショップでは季節に合ったページ作りが重要な場合もあります。季節感にマッチした品揃えや飾りつけをすることによって購買意欲をかきたてることができます。

 

手先が器用でラッピングが得意
お客様からプレゼント用のラッピングのオーダーを受けた時はもちろん、通常の梱包も綺麗だと、対面接客でないネットショップの接客の質に直接繋がります。

 

市場調査が得意
流行の移り変わりは早く、時代遅れの商品を扱っていては、他の商品まで売れなくなります。WEBだけでなくTVや雑誌やリアル店舗などの旬を調査してお店づくりに生かすことが大事です。

 

整理整頓が得意
ネットショップの店頭が売切れ商品ばかりになっていたり、在庫がたくさんあるのに商品ページがなかったり、商品の画像データが整理されていなかったり、パソコンの中も倉庫もぐちゃぐちゃでは売れる店にはなれません。

 

ネットショップ開業メニューに戻る

インターネットショップは独立開業しやすいか

ネットショップの開業は簡単?

独立するにあたり、ネットショップは開業しやすいのか開業時・将来性・安定性の3点から見てみましょう。

 

開業時★★★

インターネットショップの開業は簡単です。小さな商品など扱う商品によっては在庫を持たずに販売できるものもあるので、パソコンが使える環境さえあれば自宅などで一人でも開業ができます。

 

作業をする時間も比較的自由なので、学生や主婦など副業で行う人も多くいます。

 

将来性★★★

インターネットショップ業界の出店数は右肩上がりです。新品商品だけでなく中古商品やハンドメイド商品も取り扱ったり、品物だけでなくあらゆるサービスや情報など、売られる商品も様々です。

 

その中で、自分のお店も時代の流れにうまく適応しながら生き残っていくには時代のニーズにうまく適応していくことが最も重要です。

 

安定性★★☆

ネットショップを出店して安定するまでには、5年かかると言われています。比較的リスクが低く低予算で始められるので、出店する人は多いですが、1年続かないか、3年と持たないのがほとんどです。

 

5年続けば売上も安定してくるので、倉庫を広げて在庫を増やしたり、人も増やすことも可能です。

 

総合評価★★★★☆

 

ネットショップ開業メニューに戻る